MarryGiftStoreおすすめ商品

結婚式定番!撮って出しエンドロールを格安に作るための3つの方法

皆さん、撮って出しエンドロールってご存知ですか?結婚式当日に撮影した映像を使って作られるエンドロールのことで、結婚式に何度か参列された方であれば一度は見たことあるでしょう。

そして今この記事を読んでいる新郎新婦の方も、もしかしたら結婚式で撮って出しエンドロールを検討されているのかもしれません。

撮って出しエンドロールとは?

撮って出しエンドロールとは、挙式披露宴当日に撮った写真や映像を、その場で編集して、結婚式披露宴の終盤に上映するエンドロールのことを指します。

主な構成シーンとしては当日のメイクや着替えの様子、写真撮影から挙式など、朝から新郎新婦の様子を撮影しています。

撮って出しエンドロールのメリット・デメリット

メリット

やはり何といっても、ついさっき起こった出来事がすぐに映像となることでしょう!

結婚式に参加しているゲストも、もしかしたら自分も写っているのでは!?とワクワクしながら見られる点もあります。撮って出しエンドロールに自分が出演すると、多少恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、大抵のゲストは喜んでくれるでしょう。

また動画なので、写真を組み合わせて作るものより臨場感があります。写真を組み合わせたタイプのプロフィールムービーを使用する場合は、差別化もできるでしょう。

そして結婚式後には、当日の様子を簡単に見直す映像として非常に優れています。新郎新婦は慌ただしく1日を過ごすので、式後に落ち着いて自分たちの結婚式を振り返る良いツールになります。
ブライダルビデオと呼ばれる記録映像は準備から終了までずーっとカメラを回していますが、その分再生時間は3時間ほど。その反面エンドロールムービーであればおよそ5~6分なので、空いた時間に二人で楽しんだり、家族・親族の方にも見ていただきやすいことがメリットでしょう。

デメリット

やはり撮影から映像編集まで全て頼まないといけないので非常に高くなってしまいます。
また最近では多くの結婚式に採用されているので、もしかしたらゲストも飽きているかもしれませんね…

撮って出しエンドロールはどこに頼むの?費用は?

結婚式場に注文する場合

結婚式場にもよりますが、大体15万円~30万円程度だそうです。数分の動画と考えると、やっぱり高いですよね。
なお、撮って出しエンドロールは「どこまで撮影するか」によって金額が変動していきます。
スタートは結婚式に向けたメイクや準備などの時間からになりますが、それが挙式のみなのか、乾杯挨拶までなのか、お色直し後の入場までなのかによって値段がステップアップしていきます。

結婚式場に依頼するメリット
多くの案件をこなす提携業者が撮影・編集するので経験が豊富で質が担保され、安心できる点。会場を熟知しているスタッフなので、より良いアングルでの撮影が期待できる。

結婚式場に依頼するデメリット
何より費用が高額になってしまう点。またオリジナル感が出しにくい点。

    外注で撮って出しエンドロールを注文した場合

    最近ではハイクオリティで、業者によって最安で5万円~と格安なところもあり、以前に比べて利用しやすくなっています。

    外注のメリット
    式場経由に比べて価格が安く抑えられる。また業者が選べるので、自分たちの好きなテイストのカメラマンや、編集の希望実現しやすい。

    外注のデメリット
    会場慣れしていないカメラマンなので、ベストショットを逃してしまうリスクがある点。また結婚式場によっては持ち込み料金を取られて結果高くなってしまうこもとあるそうです。

      撮って出しエンドロールを格安に行う方法その1

      ゲストが投稿した写真でエンドロールに

      Marry.Giftを使えば、結婚式に参加しているゲストが楽しめる+撮って出しエンドロールがワンクリックで完成しちゃいます!そしてエンドロールプランは44,000円!

      残念ながら綺麗な動画による撮って出しエンドロールではありませんが、「ゲストが撮影した写真で作成するエンドロール」です。

      いままで多くの新郎新婦様にご利用いただいておりますが、大きな持ち込み料を負担させられた報告は一度もありません。

      ※中にはPCとプロジェクターを接続させるためのケーブルレンタル料と称して少額の持ち込み料的なものが発生したことがあります。

      挙式から披露宴までの間、ゲストの皆さんは大量の写真を撮るので、それを投稿してもらい、参列者参加型の演出を作りつつ、希望する撮って出しエンドロールも簡単にできちゃう一石二鳥のサービス!

      エンドロールに採用される写真はゲストが投稿した写真からランダムに写真が選択されるので

      「あ、自分の写真が使われた~」

      など参加者も別の楽しみ方ができます!

      実際に利用されたお客様からもこの撮って出しエンドロールは大変好評をいただいておりますので、あまりお金は出せないけど撮って出しエンドロールが欲しいという方はおススメです。

      結婚式・二次会でもおすすめの写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス:MarryGift

      撮って出しエンドロールを安く行う方法その2

      金額面で考えると、やはり外注する方が安くすみます。当然、結婚式場にも持ち込みが可能か、持ち込み料が発生するかしないかも含めて事前に確認を取ってください。

      オススメの外注先1:スタイルショップ

      シンプルで分かりやすい料金体系で、撮影代金は一律6万5千円!
      1日3組限定なので、お早めのお問い合わせをお勧めします!

      オススメの外注先1:サニーサイドウェディング

      安価で高画質を求めたい方にオススメ!こちらも1日3組限定という、プレミア。
      4K撮影ということで画質には自信を持っており、また撮影も2台のカメラで撮り逃しを防止している点も評価が高いですね!

      撮って出しエンドロールを安く行う方法その3

      映像編集ができる友人がいる場合は頼んでしまうこと。もちろん、友人も祝福しに来ていると同時に、宴会を楽しんでいるのでしっかりと報酬を払いましょう。相場は1~3万円程度でしょうか。

        カメラマン及び映像編集が友人同士ならデーターのやり取りもスムーズにできるかと思いますが、カメラマンを外注されている方も多いかと思いますので、是非カメラマンにその日に撮った写真映像をその場で渡してもらえるか確認してみてください。

        また、撮って出しエンドロールという性質上、撮影から編集、そしてDVDの書き出しまで一気に行う必要があるため、見栄え良く作れるだけではなく、業務に非常になれていないと難しいです。

        もしこの方法を取る場合は結婚式場側に映像編集をするための控室などのお部屋を用意する必要があります。

        ただ依頼する友人は、披露宴をほとんど楽しめないというところをお忘れなく。色々考えると、外注業者にお願いするという方も多いのではないでしょうか。

        素敵なエンドロールを撮るために

        エンドロールのクオリティを上げるためには、いくつかのコツがあります。まず、控室にいる時なども撮影されていることを意識しましょう。素の状態でいるのは悪くないことですが、足が開いていたりするとちょっと興ざめです。

        また、撮影している部屋はきれいにしておきましょう。新郎新婦の姿が美しくても、部屋にゴミなどがあると映りが良くないですね。

        業者との事前打ち合わせも大切。映したくないものや、嫌なアングルがあれば、先に伝えておきましょう。またエンドロールにあわせてどんな曲を使うかも確認しておいてください。

        撮って出しエンドロールを実際に見てみる

        こちらは受付段階からゲストの様子が写されていて、リラックスした表情がおさまっています。

        白黒シーンから始まる、スタイリッシュな動画。二人の前撮り撮影の風景もあり、あとで見返したときに感動しそうです。

        明るく幸せな会場の様子が、とっても伝わってくる素敵なムービーですね。感動シーンもたくさん収められていて、式後も良い思い出になりそうです。

        このようにどの業者に頼むかによってどんなエンドロールになるかが変わってきます。HPでサンプルなどを十分に確認し、お二人らしいテイストの業者を見つけましょう。

        まとめ

        撮って出しエンドロールは、その日当日限りではなくゆくゆく映像として残るので、結婚式をやられるなら個人的にはとてもお勧めします。

        エンドロール作りのお役立ちページはこちら
        感動する結婚式エンドロールの曲・コメント・写真選びを徹底解説

        MarryGiftStoreおすすめ商品
        TOPへ戻る