MarryGiftStoreおすすめ商品

みんなが盛り上がる素敵なオープニングムービーの作り方を徹底解説

オープニングムービーを作るとき、せっかくなので面白い内容にしたいですよね。

しかし、具体的にどうすればいいかわからないかもしれません。そこで今回は、とっておきの演出方法を7つご紹介します。

 

新郎新婦のプロフィールを紹介

 新郎新婦のプロフィールやなれ初めについては、プロフィールムービーで詳しく流します。しかし、あえてオープニングで少しだけ紹介するのも一手です。生年月日や出会いから結婚までの話は後にとっておいて、これからの意気込みや相手の好きなところなどを紹介するのがおすすめ。

映画館風に始める

新郎新婦が入場する前に、映画館上映前のような内容の演出をするとゲストがウケるはず。「写真撮影は大歓迎!動画もたくさん撮ってください」「飲み放題なので楽しんで!ただし飲みすぎに気を付けて」など、注意事項を出すといいですね。

映画が始まるときの「ブー」というブザー音から始めると、らしさがよりアップ。ネットに無料のテンプレートがあり、新郎新婦の名前を映画のタイトル風に出してくれる演出もあります。FOXやUNIVERSALの既存のブランドを意識したものもあるので要チェックです。 

参加してくれたゲストの紹介

結婚式挙式とゲストのみんな結婚式に参列してくれたゲストの紹介を入れると、本人やその周りのゲストが盛り上がります。「新郎の職場の上司、○○さん。好きな食べ物は~です」「新婦の中学からの同級生○○ちゃん。趣味は~で、~が得意」など、ちょっとした内容でOK。

ただし、面白くしようと思ってゲストをいじるのは控えめに。いつも仲間内でやっているような内容でも、大勢の人の前で同じことをされたら不快に思うかもしれません。また本人はよくても、そのノリを見た親族などが引いてしまう可能性もあります。

既存作品のパロディ風にする

映画やドラマ、アニメなど、その時々に流行っている作品のパロディにするとみんながわかる面白い演出になります。

新郎新婦の二人が実演してもよし、友達などを巻き込んでもよし、オリジナルの映像に声だけ当てるのも一つです。

既存作品のパロディー風を作りたい方はLINEなどでお問い合わせください。

友だち追加

結婚式までの様子を流す

新郎新婦の二人が結婚式までの一日一日を、どんなふうに過ごしてきたのか。それがわかるような内容も面白いですね。打ち合わせの様子や家で準備をしている様子など、当日までの努力がわかると、ゲストの気持ちも高まります。

PV風に作る

新郎新婦に共通の好きなアーティストがいるなら、その人の曲をひとつ選び、PVのように撮ると面白いですね。

曲は二人が好きなものでもいいですし、結婚式にぴったりのものがあればそれを選んでもいいでしょう。

PVを完璧にまねできなくても、恋ダンスや恋するフォーチュンクッキーなど、結婚式で鉄板の曲を二人で踊るのもおすすめ。

 

友人に出演してもらう

結婚式に向かう新婦と友人たち

オープニングムービーはたいてい、新郎新婦二人が出てきます。しかしあえて友人たちに出演してもらうことで、にぎやかで面白い内容になるんです。二人をお祝いしているような演技や、思い出の土地にめぐったりするといいですね。

 

記者会見風の演出

よく、タレントやスポーツ選手などの有名人が結婚すると、金屏風の前で記者会見を開きますよね。あれを真似たようなオープニングムービーを作ると盛り上がります。カメラのフラッシュを沢山たいたり、「二人の出会いは?「プロポーズの言葉は?」など記者からの質問に答えたりするのがコツ。また、二人そろって左手の薬指を見せるポーズをすると、場が盛り上がります。

 

式場や業者に頼むのもあり

オープニングムービーは短めなので、PC操作などが苦手でなければさほど苦労せず作れます。

しかし普段からPCに触っていなかったり、時間がなかったりする場合は、人に頼むのがベターです。結婚式場ではオプションとして、オープニングムービーやプロフィールムービーを作成してくれます。また、そうしたムービーを作る専門業者もあるので、そちらで発注するのもいいでしょう。どちらかというと、式場の方が割高の価格帯のことが多いようです。また、お笑い要素満載の面白いテイストにしたい場合は、式場で発注するのはあまり向きません。

演出例

結婚式の始まりにオープニングムービーを流したいと考えている方は、たくさんいるはず。

でも、具体的にどんな演出を加えればわからないかもしれません。そこで今回は、過去の新郎新婦から人気の演出をご紹介します。

ウェディング姿の二人が登場するオープニングムービー


ゲストが楽しみにしているのは、新郎新婦のタキシード・ウェディングドレス姿。

まずは映像でみせて、本人たちの登場への期待を高めるといいですね。結婚式場で撮るならまずはプランナーさんに協力してもらえるか確認しましょう。

新郎新婦の生い立ちを見せるオープニングムービー

 

AMO WEDDINGさん(@amowedding)がシェアした投稿 -


新郎新婦の小さいころから今までの写真を紹介するのは人気の演出。

プロフィールムービーとは別の写真を用意し、数枚のみ見せるのがコツ。

 

ディズニー風のオープニングムービー

 

yukaさん(@yuyu0730wd)がシェアした投稿 -

幅広い層から人気が高いのが、ディズニーの演出です。シンデレラ城から新郎新婦の名前が出るようにすると、「おお!」と会場がわくことも。

ご要望の映像を1からオリジナルで制作をすることも可能ですので、作りたい映像などがあればお気軽にご相談ください。

友だち追加

 

ゲストの紹介とお礼を伝えるオープニングムービー


結婚式の最中は、意外とバタバタしてゲストと話す機会が少ないんです。

だから、冒頭からありがとうの気持ちを伝えてみるのもおすすめ。初めから自分に対してメッセージを送ってくれたら、きっととても喜んでくれますよ。

 

なれ初めを紹介するオープニングムービー


新郎新婦の二人が、いったいどんな経緯で結婚式を迎えることになったのか。

そのなれ初めをオープニングムービーで紹介するのも人気の演出です。出会ったころの写真や二人のデート写真などをちりばめてください。

 

季節感を出すのも人気の演出オープニングムービー


春夏秋冬、それぞれの「ならでは」の雰囲気を出すのも人気です。後から見返した時に「あのとき、ああだったな」とよく思い出せます。春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬は雪など、鉄板の演出を取り入れてみてください。

 

手書きメッセージを入れ込むオープニングムービー


動画の中で新郎新婦が手書きでメッセージを書き込む演出も、人気です。

PCで編集して文字を入れるよりも温かみがありますし、気持ちが伝わりますよね。

 

コマドリで作るオープニングムービー

https://www.instagram.com/p/CVOoA5XAXgN/?utm_medium=copy_link

何枚もの写真を連続でだして、動画のようにする方法がコマドリです。

ちょっとしたアニメのような出来栄えになり、これも人気。好きな人形や写真たてなど、本来動かないものが動いているように見えるのがポイントです。

素敵なオープニングムービーを作り上げる

面白くて素敵なオープニングムービーを作るには、どんな演出が必要か。それぞれのセンスや感性によるところにもありますが、どんなものが人気か知っておくのはいいですよね。今回紹介したものを知って、ぜひ自分なりのアレンジを加えていってください。

 オープニングムービーを面白くしよう

みんなが笑って盛り上がってから新郎新婦が入場すれば、とっても楽しい結婚式の始まりになりますよね。今回ご紹介した演出を活かして、素敵な作品を作ってみてください。

MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る