両親へのギフト〜幸せの橋(箸)渡し〜

人生の一大イベント結婚式。結婚式は何のために行いますか?「みんなに祝福してもらいたいから」「結婚式は人生のけじめだと思うから」というように新しい人生のスタートを、けじめのような意味を持たせて行う方もいらっしゃいますが、「親孝行のため」に行う方もたくさんいらっしゃいますよね。
育ててくれた両親へ感謝の気持ちを伝える両親へのギフト。結婚式という人生の節目に贈るプレゼントだからこそ、何をプレゼントすれば良いか迷ってはいませんか?

マリーギフト ショップ人気のギフトトップ3を3回に分けてご紹介しています。前回は「ウェイトドール」についてご紹介しました。

→ 「ウェイトドールについての記事はコチラ 

今回は「お箸」についてご紹介したいと思います。
2本で使う箸は“人と人を結ぶ縁起物”とされてきました。そのお箸を特別な桐箱に入れたギフトセット。センスの良いワンランク上の贈り物はいかがですか?

 

オススメポイント①お箸の最大の魅力は「縁起が良い」!

結婚式で両親に記念品を渡す際には、何か意味を込めたプレゼントがおすすめです。結婚式と無関係なプレゼントは、ほかの記念日に贈るようにして、できるだけ結婚や夫婦、感謝などに関係する、メッセージ性のあるプレゼントを意識するといいでしょう。夫婦箸は1本欠けると使えなくなり、長さもそろってなくてはいけません。その様子から夫婦で寄り添う姿に例えられ、夫婦円満を願うプレゼントとして多く選ばれている贈り物です。

ご両親がいつまでも仲良く元気に過ごしてくれることは、子供にとって何よりも願うことです。夫婦箸なら、両親そろって仲良く過ごして欲しいといった思いも伝えられます。

お箸に込められたステキな想い

その他にも、お箸には縁起の良い素敵な意味が沢山込められています。

「お箸(はし)」になぞらえて、「幸せを橋(はし)渡しする」、「人と人とのご縁を繋ぐ橋(はし)」など、相手の幸せや夫婦円満を願う意味が込められています。

食べる道具であるという点から、「食べるものに困らない」=「健康」、「長寿」という意味も。いつまでも元気で幸せにいてほしいというメッセージを託すことができる両親贈呈品なのです。

また、2本並んだお箸は長い人生をともにしていく夫婦の姿そのもの。「お父さんお母さんのような仲睦まじい夫婦を目指します」「2人で支え合って生きていくからあたたかく見守ってて…」そんな思いをお箸に込めてみてはいかがでしょうか。

オススメポイント②なんといっても実用性が大事

 

結婚式の記念品を贈る際は、その場で満足してしまうプレゼントよりは、式後も使えるアイテムがおすすめです。日本人であれば、箸は毎日使いますよね。また、食事のシーンに必須の実用的なアイテムであり、場所もとらないので、何膳あっても困りません。高級なお箸だと、自分ではなかなか購入しないもの。毎日使うものだからこそ、いいものをプレゼントしてはいかがでしょうか。ひとつひとつ丁寧に作られた高級お箸は、実用性と特別感を兼ね備えた結婚式に相応しいとっておきのギフトなんです。

マリーギフト のお箸ペアセットは、大切な贈り物を結婚式後もずっと使ってもらえるよう中身の箸だけじゃなく、桐箱にもこだわりました。

中の箸は日常使い、箸を入れていた桐箱は大事なお手紙や写真などを保管する文箱(レターボックス)としてお使いいただけます。桐は防湿性、防カビ性にすぐれていて、軽くて持ち運びが楽、といった特徴があり文箱としても最適。結婚式の思い出の招待状や花嫁の手紙を大切に保管できます。

オススメポイント③かさばらない

 

コンパクトな桐箱に入っているので、ハンドバッグにも問題なく入りそう。海外挙式を考えている方も持ち運びに苦労しないでしょう。遠方から式に参加する両親にとっても、荷物にならずグッド。小ぶりなプレゼントだからこそ、結婚式からの帰りの道中もバッグから取り出して眺めてもらえるかもしれませんね。

マリーギフトのお箸ペアセットは、お箸におしゃれなカラーでオリジナルの文字を彫刻いたします!また、可愛らしく彫刻した桐箱もついて、特別感も出せるのが魅力ですが、すべてセットでもお値段¥5400〜¥8800と全て1万円以下で購入できます。そこまで予算が高くないので、手頃なアイテムを探している方にぴったりです。お値段も、かさばる=かさみ ません♡

おわりに

せっかくの大切なギフト、飾るだけじゃなく毎日使って欲しいそんな場合でもお箸がぴったりです。実用的かつ長く使ってもらえるお箸なら、食事の度に結婚式の一コマを思い出してもらえそう。インテリアや家具の好みが分からなくても、お箸ならプレゼントしやすいかもしれませんね。

「お父さんお母さんのような仲睦まじい夫婦を目指します」「2人で支え合って生きていくからあたたかく見守ってて」の意味も込めて、お箸を送ってみませんか?

TOPへ戻る