愛から生まれたMarry.Gift♡

2015年にスタートしたリアルタイム写真投稿演出Marry.Giftは、誕生から5年が過ぎました。(ちなみに我が家の天使も2015年生まれと同い年です!余談すみません!笑)

このサービスが生まれたきっかけを知る筆者としては、あれからもう5年も経ったのか!と感慨深いものです。

2019年10月には大幅リニューアルでさらに魅力を増したMarry.Giftは、ありがたいことに利用者2000組を突破し、様々な場面でご利用いただいております。

今後も更なる飛躍を目指し日々サービス向上に努めてまいりたいと思いますが、まだまだMarry.Giftについてご存知ない方もいらっしゃるかと思い、この機会に色々とお話したいと思っております。

恋愛も、好きになってもらうにはまず己を知ってもらうことから♡って言いますよね!誕生秘話からサービスについてなど、Marry.Giftについてのあれこれをご紹介しますので、ぜひお付き合いください。

Marry.Gift誕生の全てを教えちゃいます♡

これを読めばMarry.Giftについて詳しくなれちゃいます♡詳しくなったらMarry.Giftを絶対好きになっちゃうでしょう♡好きになったらMarry.Giftを是非とも使いたくなるでしょう♡

  1. 本邦初公開!Marry.Gift誕生秘話!
  2. 初めてのお客様はS氏の○○だった!
  3. Marry.Gift発展に欠かせない重要人物はS氏の○○だった!
  4. なんとS氏の○○から使用のオファーが!

気になる見出しばかりですね♡早速見ていきましょう。

本邦初公開!Marry.Gift誕生秘話!

 

サービス開始から遡ること数年前、2013年6月の話になります。Marry.Giftを運営する株式会社キュボス代表取締役S氏が、学生時代の友人カップルの挙式披露宴に参列した時のことです。

当時22歳だったS氏はこれが初めての挙式披露宴参列であったため、全てが新鮮でドキドキしていたそう。その中でもゲストがしきりに新郎新婦にスマホのカメラを向けて写真を撮る姿に大変驚いたそうです。と、同時にこれは何かが生まれるぞ!と直感し、ここから試行錯誤の末Marry.Giftが誕生するのです。まさに、友人から幸せのお裾分けをもらって誕生した幸せいっぱいのサービスなのです♡

初めてのお客様はS氏の○○だった!

ひらめきから2年間、サービス構築のためにひたすらお金を貯める日々を過ごします。会社員として働き(そうなのです、当時S氏はサラリーマンでした!)、サービスのイメージを膨らませ、ついに起業!一歩一歩進んでいきます。

そうこうしてやーっとシステムが完成し(この辺りはあまりネタにならないので割愛します。笑)、リリースを目前に控えたMarry.Gift。いつもは自信に満ち溢れるS氏も、初めてのサービスリリースとあって不安もありました。

そんな時タイミング良く?S氏の実姉がめでたくご結婚されることとなり!挙式披露宴を執り行うと知ったS氏は迷わず決意します。「初めての客はねーちゃんだ!!!」と。

可愛い弟のためなら、とお姉さんも快く了承。こうしてめでたく初めてのお客様が決まり、S氏の家族に見守られながらスタートを切ったのです。まさに、家族からの温かいサポートをもらって誕生した温もり溢れるサービスなのです♡

Marry.Gift発展に欠かせない重要人物はS氏の○○だった!

実姉の結婚式で、老若男女問わず写真を投稿する姿、また自分の撮影した写真がスクリーンに反映され喜ぶ姿、ゲストが楽しみながら演出に参加してくれる姿を見て、このサービスを作ってよかった!と心から思ったS氏です。

幸先よくスタートしたMarry.Giftですが、人生上手くいくことばかりではありません。結婚式市場に新規参入するのはとても難しいことです。式場にコネクションもなければ、お客様にも認知度が低い(というかほぼ0です、泣)ため、集客に大苦戦します。良いサービスなのに伝わらないもどかしさ。

そんな時救世主!?大学時代の友人がS氏の状況を知って、なんと大企業を辞めて転職を決意!正直言ってこの時の弊社に転職するのはかなりのチャレンジだと。笑

熱い友情に助けられ、地道に認知度をあげていきます。ここで誕生したのがMarry.Gift Blog。これがなければ今のMarry.Giftはなかったと言っても良いでしょう。

さらにもう一人、大学時代の友人がマーケティングのノウハウを惜しみなく伝授!これにより徐々に集客ができるようになり、口コミでのお申込みや、メディアに取り上げていただく機会も増え、今に至るのです。

まさに!友人の愛により繋がっていったサービスです。

なんとS氏の○○から使用のオファーが!

徐々に軌道にのり、安定した集客が見込めるようになってきた頃、S氏にとって嬉しいオファーがあります。なんと!S氏の母校である慶應義塾大学が毎年11月に盛大に行う学園祭〝三田祭〟実行委員会、つまりS氏の後輩から、学園祭でのMarry.Gift使用のオファーがきたのです。

将来的には結婚式にとどまらず、各種パーティーに使用できるサービスに発展させていきたい!と考えていたS氏にとって、とても嬉しいオファーでした。ルンルンで打ち合わせに向かうS氏を今でも覚えています。笑

その後も母校同窓会での使用依頼など、結婚式以外での使用機会が増えていきました。面識はなかったとはいえ母校の先輩や後輩から嬉しいオファーをいただけたことは、S氏にとっても励みになっていたようです。縦の繋がりにも助けられ、成長していくMarry.Giftです。

最近では某有名企業様のパーティーでも使用されるようになり、知名度upを実感しております。ありがたや♡

愛にあふれるMarry.Gift♡

どんなサービスにも素敵な誕生秘話があるかと思いますが、たくさんの愛によって繋がれ成長してきたMarry.Giftの歴史を紹介してまいりました。少しでも魅力が伝わり、興味を深めていただけたら嬉しいです。 

〝あなたらしい〟を コンセプトに展開しているMarry.Giftですが、今後も結婚式はもちろん、様々な機会で、皆様にとっての大切な時間をより素敵にするお手伝いをさせていただけたら幸いです。

最後にMarry.Giftプチ情報をもう一つ♡

冒頭でお話したMarry.Giftを思いつくきっかけとなった結婚式の新婦は、縁あって今スタッフとしてMarry.Gift運営に携わっているのです。巡り合わせってすごいですね。

これからもより素敵なサービスとなるよう、愛を繋いでいきます!

TOPへ戻る